<千葉ロッテ対西武戦は2敗1引き分け。。。>

西武プリンスドームでの7/3〜7/5の3連戦、千葉ロッテマリーンズは、対西武戦2敗1引き分けでした。

 1戦目は延長12回で5−5の引き分けとなる大熱戦でしたが、2戦・3戦では千葉ロッテの打線につながりがなく2点以内に抑えられました。
 先発投手陣は、唐川、涌井、大嶺の皆、ピリッとせずヒットを連打されて失点するという、安定感がないピッチングでした。
今の先発陣で安定が見られるのは、石川とチェンぐらいと思われます。中堅陣にもっとがんばってほしいです。
 勝率が5割に到達したとおもったら、また連敗して5割を下まわるという悪循環が続いているので、監督やコーチの首脳陣はもっと、起用する選手戦力や相手チームに対する戦法をもっと考え直した方がよいと思います。

次節も勝利を願って、 応援!千葉ロッテマリーンズ!!

コメント
コメントする








    

選択エントリー

カテゴリ

アーカイブス

    

おすすめ商品

    

おすすめ商品

    

おすすめ商品

    

おすすめ商品

リンク

その他

携帯サイト

qrcode

提供

無料ブログ作成サービス JUGEM
Calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

関連商品